マナーを守って参加したい!ペット葬儀をお行儀よく行なう方法 マナーを守って参加したい!ペット葬儀をお行儀よく行なう方法

失敗したくないペット葬儀・ペット火葬時の服装

ペット火葬を行なう際にオススメな服装

ペット火葬に参加する場合、どんな服装を選べばいいのでしょう。喪服を着る必要はあるのか、喪服に抵抗を感じる場合はどんな服装を選べばいいのか、ペット火葬に行く時に押さえておきたいファッションルールとマナーを紹介します。

ペット火葬で失敗しない服装選び

合同でペット火葬を行なうことになりました。さすがに喪服を着ていくのはやりすぎでしょうか?
飼い主さんにとってはペットも大切な家族なので、喪服を着ていく判断は、おかしなことではありません。お坊さんにお願いしてお経を読んでもらうほど大掛かりなセレモニーをする場合などはとくに、喪服で参加する方が少なからず見られます。他の参列者が喪服を着ているのに自分だけが平服だったら、恥ずかしい気持ちになるはずです。とは言え「必ず喪服」という明確なルールがあるわけではありません。判断に困る場合は、ペット火葬業者に聞いてみましょう。合同火葬の場合は他の飼い主さんとの折り合いもあるため、喪服が多いようなら自分も合わせる配慮ができます。逆に喪服の方はほとんどいないと聞いたら、シックなカラーの平服で参加できます。
ペット火葬時の服装は基本的にルールがないのは知っていますが、どのようなコーディネートが無難ですか?
ペット火葬で喪服を着ることに抵抗を感じる方も中にはいます。喪服以外のコーディネートを考えるなら、黒っぽい服装をおすすめします。正式な喪服とはいかないまでも黒のスーツで出かけたら、冥福を祈る気持ちが伝わるはずです。女性なら、黒のワンピースにダークカラーのジャケットを羽織って、低いヒールのパンプスでまとめるなどの配慮が出来ます。男性なら、上下黒のスーツに白いワイシャツ、黒のネクタイを合わせましょう。正式な葬儀会場でお別れのセレモニーを行なう場合、周りには通常の参列者がたくさんいます。黒以外のコーディネートで出かけると場の雰囲気を壊してしまうため、当日顔を合わせる人に迷惑がかけない服装を意識しましょう。

TOPボタン