マナーを守って参加したい!ペット葬儀をお行儀よく行なう方法 マナーを守って参加したい!ペット葬儀をお行儀よく行なう方法

ペット火葬で必要になるマナーとルールを知ろう

ペット火葬のルールやマナー~意外と知らない事だらけ~

花と写真

ペット火葬が増えてきたとは言え、参加した経験がある方は少数派かと思います。ペットに万が一のことがあるとルールが分からずに動揺します。ペット火葬で恥ずかしい想いをしないため、知っておきたいルールやマナーを確認しましょう。

ペット火葬時に恥をかかない~基本的なマナー~

ペット火葬にも最低限守ってほしいマナーはあって、知らずに参加すると飼い主さんの心を傷つける結果になりかねません。たとえば、ペット愛好家仲間のお別れセレモニーに参加するときです。香典を持って行く必要はなくとも、きれいなお花などを用意します。我が子のように大切にしていたペットが亡くなって悲しむ飼い主さんの気持ちを尊重して「一人じゃ寂しいだろうし、新しい子を探してみたら?」など、無神経な発言はしないようにしましょう。

ペット火葬時の服装に関する疑問

ペット火葬時の服装にルールはありますか?
人間のお葬式とは違うので、喪服で出席するなど決まったルールはありません。いつも通りの服装で伺えば大丈夫なのですが、華美なファッションは控えましょう。カラー選びに迷ったら、黒や紺など濃いカラーをベースにした膝丈以上のワンピースなどがおすすめです。お化粧も控えめにして喪に服す姿勢を見せると、飼い主さんと一緒に悲しむ気持ちが伝わります。

ペット火葬時の服装にルールは無いですが、服装マナーはある(ペット火葬業者/スタッフ)

ペット火葬にルールがないとは言っても、周囲を思う気持ちは必要です。合同火葬の場合はとくに、たくさんの飼い主さんの目につきます。複数の方が集まるペット火葬会場では大人の対応を意識して頂きたいので、派手な服装や強い香りの香水などは控えてください。静かに喪に服す気持ちを忘れず、自分がされて嫌なことはしない配慮をしましょう。

ペットブームで会社のルールやマナーが変化~ペット火葬に慶弔金?~

社会的にもペットに対する理解が深まっている

うちの会社はペットへの理解が深く、ペット火葬を理由にお休みを取ることが出来た(20代/動物用衣料薬品メーカー勤務)

ペット産業に属する会社に勤めているので、犬や猫を飼っている社員がたくさんいます。13年寄り添った愛犬が亡くなったときには、ペット火葬当日に有給休暇をもらって立ち合いました。同僚や上司も気遣いの言葉をかけてくれて、会社の温かさを感じました。他社の話しではありますが、ペットの慶弔に対して1万円の弔慰金をもらえる制度もあるそうです。ペットも家族の一員と考えて、残された家族の心に配慮した制度があると安心ですよね。

飼っているペットが亡くなった時に慶弔金を頂いた(20代/ペットフードメーカー勤務)

飼っていたペットが亡くなったことを伝えたら、会社から慶弔金を頂きました。自分の気持ちを理解してくれる、良い会社に入ったと感動しました。話題作りのためではなく、社員の心を気遣ってはじめた制度と聞いています。金額の問題ではなく自分と愛犬の絆を理解してくれる気持ちが嬉しく、ペットも家族の一員と考える会社にとても誇りに感じました。同じような取組みがもっと認知されて社会全体に飛び火すれば、ペット愛好家にとって住み良く温かい社会になると思っています。

TOPボタン